特別な力

パワーストーンの効果について。

パワーストーンというのを初めて知ったのは、雑誌で掲載されていたのを見たときでした。
雑誌に、大きく、パワーストーン作りの特集が組まれていたので、私は、それを見た瞬間、なにかにひきつけられ、見入るようにしてその記事を読みました。
パワーストーンというのは、いろいろな効果を発揮できる石ということで、それは、有名なパワースポットや、神社などで売っていたり、お店などで気軽に買うこともできると書いてありました。
効果には、石によっていろいろな効果があって、その効能も詳しく書いてあり、神社やパワースポットでは占い師の人が自分に合うパワーストーンを作ってくれる、と。
実際にモデルさんが作ってもらっていて、その感想が自分が予期していなかったことが起きた。
作ってもらってよかった、などとよい感想ばかりで、これは私もほしいと思いました。
実際に三千円や五千円コースなどは、手が届かないので、まずは、自分の求めている効能にあったパワーストーンを探すことに。
お店で選び、これがいいのかなと試行錯誤した結果、私が買ったのは、ローズクォーツという恋愛の石のブレスレットです。
ローズクォーツの意味は、「恋と美」。
永遠に枯れない薔薇と呼ばれるにふさわしいもので、愛の女神ビーナスの力が宿る石として古代から愛されてきました。
ローズ・クォーツは、とくに、いろんな人と出会いたいときにおすすめで、いつまでも若さと美しさを保つ魔法の石とも言われています。
そして自分のうちに秘めてある魅力を惹きだしてくれ、たくさんの人の目にとまり、出会いを増えさせてくれる石ともいわれています。
私が持っているブレスレットは、ローズ・クォーツと真っ白い石(水晶)で組み合わせられています。
その、水晶(クリスタル・クォーツ)の持つ意味は、「水の精が宿る石」として古来から愛されてきた結晶で、よく、占いで水晶玉が使われるのは、水の精を呼び起こす力があるからではないかといわれています。
さらに、水晶には物質を活性化させる働きもあるので、周囲の石や人・物をパワーアップさせることができ、身につけているだけで、いいことが起きると言われています。
この二つの石を組み合わせたものを使っているのですが、いろいろと調べているうちに他の石も欲しくなってしまいました。
黄水晶(シトリン)。
「豊穣」を象徴するこの石は、見ているだけで元気がでるパワーを持っている不思議な石です。
かんきつ系の「シトラス」から名前がつけられたとおり、さわやかな黄色が特徴的な水晶です。
効能は、とにかくなにかをスタートしたい。
という人におすすめです。
「豊穣」を意味する石なので、とにかくなにかをしたい、「種をまきたい」と考えている人におすすめです。
くじが当たったりなど、なにかびっくりすることが起こるとも言われていて、この石を呈していると幸福を手にする場合が多いそうです。
そして、ブレスレットだけではなく、ほかのアクセサリーにも使われることもできます。
イヤリングや、ピアス、ネックレス、指輪。
それだけではなく、ストラップなんかにもつけている人もいるそうです。
実は皆さん、隠れて、もっている人が多いのかもしれないです。

SITE MENU

Copyright(C) 2013 石に宿る力 All Rights Reserved.