特別な力

パワーストーンのブレスレットを身につけだしてからの不思議体験

初めてのパワーストーンは母からもらったブレスレットでした。
私は元々あまりアクセサリー類に興味が無かったこともあって、もらった当初は身につける気にはなれず、貰った時の状態のまま箱にいれてしまっていたのですが、体的にも気持ち的にもどうもすっきりしない日々が続く上、仕事の面でもゴタゴタすることがあり、なんとなく身につけてみようかなと思うようになりました。
母が言うには、パワーストーンで作られたブレスレットを身につけていると特別すごく良いことがあるというわけでもないけれど、なんとなく心がラクになって体がラクになるのよとのこと。
なので、私も運気上昇とか幸せが舞い込んでくるとか、そういったことは期待せず、つけているうちに体の疲れが取れたらよいな、くらいの気持ちで身につけてみることにしました。
ブレスレットを身につけてから暫くの間はアクセサリーを身につけることに慣れていなかったせいか、なんとなく腕が落ちつかないような感覚があり、外そうかなと考えてみたりもしました。
ですが、母が言うには慣れだよというので、とりあえず1ヵ月は身につけているようにしてみました。
1ヵ月後、気が付くとイライラする日が減ってきている自分に気が付きました。
疲れの方も以前よりは感じなくなってきており、朝の目覚めが良い日が増えてきました。
特に疲れに関しては、本当にラクになってきている気がしたので、このブレスレットは磁気か何かが発生するような特別な加工がされている医療用のもので、身につけているだけで血行を良くしてくれる効果があるのかななんて思ったほどです。
もちろんそういった効果のある医療用の石ではありません。
パワーストーン効果ってすごいと思うようになりました。
そんなある日、突然ブレスレットが切れてしまうという出来事がありました。
切れる、というよりも糸がするっと解けてしまったんです。
母に自力で直す方法はないかと連絡をしてみると、なんと母が身につけていたブレスレットも糸が解けてしまったそうで。
しかも、石の一部は真っ二つに割れてしまったというではありませんか。
何か嫌なことが起きなければ良いけれどと母と話していた矢先、実家で家族同然で飼っていたネコが事故に合いました。
事故を見ていた近所の人の話ではかなりの大事故でしたのでイヤな予感がよぎりました。
ですが、結果は奇跡的に軽症。
命にも別状は無く、1日だけ動物病院で様子をみただけで家に連れて帰ることが出来ました。
先生が命のパワーは素晴らしいとネコのことを褒めていたそうですが、私と母はパワーストーンが守ってくれたのだろうと思いました。
パワーストーンは人によって効果を感じない人もいると聞きますし、石と自分との相性によっても力の感じ方に差があるとも聞きますが、私達親子の場合は効果を実感しやすいようです。
石は種類によって、感じることが出来る効果やパワーがあるとも言います。
これからも自分に合った石をお守りがわりとして身につけていきたいなと考えています。
ちなみに切れてしまったブレスレットは浄化の意味でお礼を言いながら家の庭に埋め、土に還した後、もう一度同じ石のブレスレットを母とおそろいで再度購入しました。

SITE MENU

Copyright(C) 2013 石に宿る力 All Rights Reserved.