特別な力

パワーストーンであるラピスラズリを身につけて学校生活を改善させました

初めてパワーストーンのついたペンダントを手にしたのは、中学生の時でした。
新たな学校での学校生活がうまくいかず、自分なりに色々なことを試してはみたのですが、なかなか改善されなかった時に、偶然パワーストーンを使ったペンダントの広告を雑誌で読みました。
中学生が自分で購入するにしてはなかなか高額なものでしたので、悩みましたけれど、実際にそのパワーストーンがついたペンダントや指輪を持ち歩いた人達の体験談を読めば読むほどとても惹きつけられてしまい、お小遣いを貯め、ダメ元々のつもりで購入しました。
家に届いたペンダントはとてもキレイで、私は一目みて気に入ってしまいました。
ペンダントについていた石の名前はラピスラズリという石です。
ラピスラズリは古来から神様が宿る聖なる石として信じられ、大切に扱われた石で、邪気を払い自分自身の誤った考え方を正してくれたり、様々な開運効果をもたらしてくれるというものでした。
さっそく、ラピスラズリがついているペンダントトップの部分だけを外し、小さな袋に入れ、お守りのかわりとして学校にもっていくようにしました。
アクセサリーとして身につけているのは学校では禁止されていたからです。
ラピスラズリを持って行ったその日、突然クラスの中でも目立っているグループの女の子達から声をかけられ、一緒にお昼ごはんを食べようと誘われました。
全員今までまったく話したことがない子達ばかりでしたので、驚きましたが、とっても嬉しかったので仲間に入れてもらうことにしました。
このことをきっかけに、他の子達との会話も増え、いつの間にかクラスの友達とスムーズに会話が出来るようになりました。
今考えるともしかしたら、私はパワーストーンを持っているんだというという自信から、会話が出来るようになったのかもしれませんが、ラピスラズリの石を持ち歩くようになるまでは、ほとんど1人でいるような状態でしたので、本当に不思議でした。
さらにもっと不思議に感じた出来事がありました。
それは、ラピスラズリのペンダントトップが突然紛失してしまった、という出来事です。
大切なものだから絶対に無くさないようにと常に袋から出さずにいたのですが、ある日袋の中から消えてしまいました。
何日もかけてあちこち探し回ったのですが学校にも家にもどこにもなく、とてもがっかりしてしまいました。
そんな時に友達から興味深いことを言われました。
実は自分も同じラピスラズリのペンダントを持っていたのだけれどいつの間にか無くしてしまったこと、そして自分の周りでラピスラズリのペンダントを持っていた子達もやはりみんな無くしている、と。
パワーストーンというものは自分の役目が終わったと感じたり、石のパワーを使い切ると割れてしまったり、持ち主から消えたりすると言います。
信じられないことではありますが、その現象が起きたのかもしれないなと感じました。
でないと、みんながみんな自分が手にしていたラピスラズリのペンダントを無くしてしまうというのは、とても不可解だからです。
石の力のことを信じない人もいるとは思いますが、私は信じたいなと思っています。
あの時にお守りとして守っていてくれたラピスラズリの石に再会できたら、ありがとうと伝えたいです。

SITE MENU

Copyright(C) 2013 石に宿る力 All Rights Reserved.