特別な力

豆知識を取り入れる事で、よりパワーストーンを楽しめます。

パワーストーンに興味がある、また実際身に着けているという方も、多いと思います。
私も、あるきっかけを期に、ストーンを身に着けるようになった1人です。
そのきっかけとは、何となく仕事が上手くいかないとか、人間関係にちょっぴり疲れたとか、ほんの些細な出来事。
そして何となく入った、ストーンも取り扱っているアクセサリー屋さんで、ブレスレットを購入してから、色々とストーンについて興味を持ち始めました。
パワーストーンと一言で言っても、その種類は星の数ほどあると言っても、過言ではないほど、色々な種類のストーンがあり、それぞれストーンが持つ意味や、効果などにも違いがあります。
例えば恋愛運アップに効果のあるストーンもあれば、同じ恋愛でも復縁したい人がいるとか、浮気に悩んでいるとか色々なパターンの悩みに合ったストーンを選べるのも魅力ですね。
ストーンをつけていたからといって、全てが上手くいくわけではありませんが、ストーンを身に着ける事で、勇気や自信を貰える時もありますし、不安を感じた時に、ストーンを見たり触れたりするだけで、落ち着く事もあるので私にとって、パワーストーンは大切なお守りになっています。
パワーストーンを身に着けるようになってから、疑問に思う事があったんです。
それはブレスレットタイプは、右手と左手、どちらに付けた方が良いのかという事です。
私はブレスレットタイプのストーンを持っているのですが、右利きなので何も考えず、左手にいつも付けていました。
でも付ける位置により何か違いがあるのか、気になったので調べてみたんです。
調べたところによると、ストーンの効果を自分に取り入れたい時は左手につけ、ストーンのパワーを外へと発揮したいという時は、右手につけるのが良いそうです。
なので恋愛運アップのストーンブレスレットを持っていて、片思いの相手を振り向かせたいという場合は右手につけて、カップルになったら彼や彼女と長く幸せでいられるよう、左手につけるのが理想的なつけ方だと思います。
またブレスレットタイプだけでなく、指輪やイヤリングも色々と意味があるそうで、こういう豆知識を知る事で、もっとストーンの魅力を楽しめるのでお勧めです。
そしてストーンを持っている方にとって、もう1つ気になるのがストーンのお手入れ方法です。
ブレスレットタイプのストーンを毎日、身に着けていると、どうしても汚れが気になってしまいますし、ずっと身に着けている事でマイナスのパワーをストーンが吸収してしまうので、メンテナンスが必要と言われています。
ストーンのメンテナンスには色々な方法があるのですが、私がいつも行っているのは、塩と太陽光を使った方法です。
まずコップなどに塩水を作り、それを1日太陽の光に当てるだけの簡単なメンテナンス法なのですが、この方法でお手入れすると、曇っていたストーンも、元の輝きを取り戻すのでお勧めです。
塩は古くから浄化にすぐれていると言われていますし、太陽の光もエネルギーに満ち溢れているので、ストーンのエネルギーをチャージするにはぴったりなんです。
何気なく購入したパワーストーンですが、身に着けるようになってからストーンについての、ちょっとした知識を得る事で、よりストーンの魅力を感じられますし、楽しめるのでお勧めです。

SITE MENU

Copyright(C) 2013 石に宿る力 All Rights Reserved.